大きな病気を招くこともある血栓を予防する方法

錠剤を持っている女性

血栓の知識

ガンなどの病名はよく聞きますが、血栓と聞くとあまりピンとこない人の方が多いでしょう。血管病といわれ血栓によって引き起こる病気は数多くあります。予防のためにも、血栓について紹介します。

原因をたどる

血栓が、数々の病気の引き金になっていることがあります。病気にならないためにも予防は大切ですが、原因がわからないと予防する事もできません。予防のためにも原因について簡単に紹介していきます。

食べ物で

血栓を予防するには、食べ物を見なおす必要があります。食べ物から得られる塩分を取り過ぎてしまうと、血管病を誘発してしまうからです。普段の食事から、食べ物から気をつけるようにしましょう。

知ることの大切さ

癌に効くと言われているフコイダンが配合された商品をお捜しの方はこちらで!ネットで購入することが出来ますよ!

酵素ダイエットは話題ですが実際どんな製品で効果が出るのか知りたいですよね。まとめサイトで特集されているので参考になります。

近年、病気による死亡率が高くなってきています。
生活習慣病などもあり、食生活が体に悪影響を及ぼし、最終的に病気につながっています。
また、ガンで亡くなっている日本人が増えているのと同時に、血栓などが原因で亡くなる血管病というものも、死亡率が上昇しています。
統計では、3人に1人が血管病で亡くなっています。
心疾患や脳血管疾患の人を合計すると、ガンと同様に全体の3割を占めています。
これらは、血栓が大きく関わってきています。
ケガをしたときなど、血が出てもこのキズを治そうとして、体ではその傷口に血小板というものが集まります。
そして血のかたまりを作って、かさぶたとして傷口を塞いでくれます。これが血栓と呼ばれるものです。
血栓はこういった非常時に私たちを助けてくれますが、動脈硬化など血管が狭くなっているときは、血管に栓をしてしまう形になり、心筋梗塞や脳梗塞などの原因になってしまいます。

血栓は体にとって、正常に働けば人間の体を守ってくれるものです。
ですが、高血圧や高コレステロールなどで動脈硬化を起こしている血管には悪影響を及ぼしてしまいます。
そうならないためにも、血栓予防が大切です。
何気なく口にしている普段の食事に気をつけることが、予防につながります。
料理をつくるときに調味料を使いますが、その調味料の中でも塩は血管を傷付けると言われています。
動脈硬化を招く高血圧は、塩分の摂取量が多いと起こりやすくなります。
そうならないために、まずは塩分を減らすことが大切です。

血栓予防をするにあたって、塩分を控えることも重要ですが、ストレスも大きな原因の一つです。
ストレスをためることで、自律神経系などに異常が起き、代謝機能にも影響して血がドロドロになってしまいます。
それにともなって血圧や血糖値が上がります。
ストレスがドロドロ血をつくり、血のかたまりである血栓をつくってしまうのです。
今の世の中はストレス社会と言われています。
食生活に気をつけているだけでは、血栓予防にならないこともあるので、ストレスをうまく発散することも血栓予防には欠かせません。
なってからでは遅い症状や病気ばかりなので、日頃から予防に努めましょう。

もっちりとしたパンで糖質制限ダイエットをしましょう。男性、女性問わず皆から人気がありますよ。満腹ダイエットを始めよう!

生活習慣を改善することによってセロトニンを大量に分泌させることができます。どのような食生活を遅ればよいかなどを把握しましょう。

運動で予防

血栓予防に食べ物も効果的ですが、日頃の運動も大切です。運動をして血行を良くすることが、血栓の予防につながります。有酸素運動など、体に負担をかけず、無理の無い範囲で行なうことを心掛けましょう。

Read more

お風呂のすすめ

血栓の予防の際に、血行を良くすることが挙げられます。お風呂も、血行促進には大変向いています。女性だと冷え性の人も多いので、足湯などを行って冷えの改善に努めることが予防につながります。

Read more

栄養素を知る

予防の時に、塩分を控えるといったことを行う方法がありますが、減らすことだけでなく、必要な栄養素を補うことも大切です。血栓予防に必要な栄養素について紹介していきます。

Read more